自分の足で歩いていますか?

最後までご自分の足で歩きたいと思う人が多くなっています。

科学的根拠?と言う前に人が二本足で歩くことで、血液の流れが重力に逆らって障害なく心臓へと流れています。人の自然治癒力の一環として足裏からふくらはぎへと血液の流を押し上げていく能力が備わっているのです。

時に生活習慣の変化によってその流れに障害が起きてくるといろいろな疾病が起きて慌て始めるのです。


アース毛髪美容研究所



足裏叩き運動・タッピングの効果・効能は全身の血流を改善するデトックス



免疫力をガンガンに高めるコツの一つに、全身の血流を改善するデトックス、足裏叩き運動つまりタッピングがあるのです。その効果、効能について言うのは、ただ足の裏を叩くだけの簡単な運動ですが、足裏を叩く運動つまりタッピングは、ウォーキングをすると同じ効果があり、全身の血流も改善してくるのです。足裏のタッピングを始めることで健康になると言う不思議なものなのですが、コツは軽く足裏全体を軽く叩く事・・・血流だけでなくエネルギーや気の力も関わる健康法なのですが、いつでもどこでも誰でも出来る運動法として免疫力アップを図る上でオススメしています。


運動不足の現代人にとっての血流を改善するデトックス効果

私たちの体内には活動することに伴って生じる老廃物や不要なガスが貯め込まれています。


こうした不要物を体外へ排出してくれるのが、全身を巡り、心臓へと戻っていく静脈血です。


つまり自然のデトックス機能が私たちの身体には備わっているのですが、しかし重力に逆らって血液を送り返さなければならない下半身の血液は滞りがちになるのです。特に身体の最底辺部である足の裏は最も血液が滞りやすい場所です。


だからこそ、足裏に備わっているのが、血液を送り返すポンプ機能です。そのポンプの最も効果的なスイッチとなってくれるのが、歩くことによる刺激です。歩くことで科学的根拠が生じてくるのです。


この足裏の筋肉の動きからふくらはぎへと運動が引き継がれ、血液を絞りあげるようにして、心臓へ送り返すことができるのです。健康になるためには、デトックスを促進するための、運動という必須の行為があり、運動不足は病気を招いてしまうのです。


ところが、交通が発達した現代社会では、歩く機会が極端に減少し、効率的に足裏の血液循環を促すことができなくなっています。全身の血流の折り返し地点とも言える足裏に血液が滞ったままになっていると、老廃物や不要なガスは溜まり、汚れた川の澱みのように血液は流れにくい状態へと陥ってしまいます。この悪循環を断ち切るには、その元凶とも言える足裏の血液の滞りから解消するのが効果的だと言えるのです。何十分も歩いたり、運動したりは、なかなか大変なこと。しかし1日たったの2分で2kmを歩いたのと同じ刺激を得ることができるといわれている簡単な方法に足裏叩きと言うタッピングがあるのです。


足裏からエネルギーを流れ込ませる!!

足裏叩きは力任せに強く叩くのではなく、痛みを感じない程度の強さで足裏をポンポンとタッピングするのです。しばらく叩いていると体中が暖かく感じ始める足裏タッピングによって、全身の血液循環が活発になることによって、体中の細胞の新陳代謝も活性化してくるのです。


細胞は、体を作り上げてくる部品なのです。一つ一つが元気になれる部品があれば、身体全体の働きが正常になってきます。


簡単でシンプルかつ素晴らしい効果があるのが足裏叩きで、足裏というのは血液循環の要所であるだけでなく、全身と繋がる重要なつぼや神経が集中した場所なのです。


足は体の縮図とも言われ、リフレクソロジーや足裏マッサージの世界では足には体内の主要機関、腺など体中すべての部位に対応する反射区(リフレクッスエリア)があると考えられています。この足裏をたたけば、ツボや神経にまで刺激が伝わり、わずかな刺激でも、効率よく、全身の血流を促進させることが出来てくるのです。ただし効果を最大限に得るためには、優しく叩くと言うのがより重要なのです。


このごく弱い刺激というのは、ホルモンの分泌や自律神経にも影響を及ぼし、副交感神経を優位な状態に導いてくれるのです。


東洋医学の世界では、生命エネルギーは、足裏から流れ込んでくると考えられています。またアーユルヴェーダの世界では足の裏のチャクラは、体から邪気を排泄し、大地とのエネルギーの交流を行う大切なチャクラとも言われています。人だけが二本の足で歩けることが出来き進化の秘められた要素が、その足裏に隠された心と身体の土台を支える進化の神秘的な要素に足裏は大きな力が秘められているのです。


全身の血流を改善するデトックスとなる、足裏叩き運動の効果、効能を出してくる《足裏たたき》タッピングはアース毛髪美容研究所の一つに挙げているのです、ぜひ実感してください。